« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月25日 (金)

ゼロがいい!ゼロになろう!

ヴァンガードのブースターパック売ってねぇ!

イメージブーム来てるよコレ!

…物流の問題なだけかもしれない

ジャンプも2日遅れで来てたしコンビニの雑誌コーナーには「納品が遅れる可能性がございますご了承ください」って書いてあったし。

仕方ないから遊戯王カード漁って帰って来た。

カエルデッキ組むので死の合唱が欲しいんだけどノーマルって下手なレアより探しにくいよね…

つまり収穫ゼロでした。

3DSを購入したですよ。

欲しいソフトがないのでとりあえずガンダムの奴を一緒に購入。

3Dはどんなもんかと思ってたけど「こんなもんか」って感じでした。

いや、凄いんだけどね?なんか未体験の凄さじゃなくて

こーいうの何かあったよね~ゲーム機でも出来るようになったんだ~って感じ。

しかも画面と顔の距離とか角度とか結構シビア。

まぁ3D自体よりも本体の性能が上がった事でゲームの質が上がるって事に期待しよう。

でもDSiLLよりも音が良くなってる気がする。

そして結局購入したガンダムゲーじゃなくて積んでたソラトロボやってる。ケモ可愛い!

試しに顔シューティングやろうと思ってとりあえず自分の顔撮ってやってたんだけど

自分の顔が飛び回ってるのって気味が悪い…

しかもコレってもしかして作った顔消せないの?だとしたらトンデモナイ爆弾だぜコイツァ!

友達に見せられない…

あと海腹川背・旬の状態よさげなのが3000円で売ってたので買ってきた。

開いてビックリちゃんとマウスパッドまで付いてたよ!

DSの奴も持ってるけどPSコントローラでやってみたくってね!

結局今日やってたゲームは6割ソラトロボ、3割海腹川背、1割3Dガンダムって感じ。

いまいち次世代機の凄さを感じなかった。っていうか俺が感じようとしてなかった。

はよ3DSでポケモン出してよ。

あと3DSってまだDSiウェア購入できないのね…動くメモ帳は入れときたいんだがなぁ

動くメモ帳のパワーアップ版みたいなのを3DSで出してくれたら結構売れるんじゃないかと思うんだけどどうですか偉い人

下手なゲームより面白いのに無料という素晴らしいソフト、動くメモ帳。

俺は絵ぇ超下手なんだけどね。

因果な事に描く事自体は好きと言う…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

リズム刻むハッピーチューン

16日に地元に」帰ってかつらくんやかーくんと遊んできた。

久しぶりにみんなとカラオケ行けてアイムハッピー。

なんか途中から2人がツイネンジェル(スロットの奴)の曲ばっか歌うもんだから

(俺もなんか萌え萌えした奴歌うべきか…?)って強迫観念にかられたので

とりあえずナージャとスイプリ歌っといた。

それと次の日ヴァンガード買ってかーくんと対戦したんだけど思った以上に面白いなヴァンガード!

でも俺の一番好きなスターダストトランペッターって1枚しか入ってないのね

まぁ、トリガーないしね…

でも可愛いから許すよ!

あとアニメの設定上仕方ないけどブラスターブレード1枚しかないのは微妙だな…

うぃんがるやガンスロッドはモロにブラスターブレード専用の効果なのにね…

今度の休みにブースターパック買ってこようっと。

そういえば今週のスイートプリキュア、新技披露だったけどドえらい可愛さだった。

具体的には「フィナーレ♪」のとこ。あざといぜ、あざとすぎるぜ…

そのインパクトで忘れてたけど序盤に出てきた眼鏡っ子はどうなったんだよ!?

あの子も相当可愛かった…アンダーフレーム…いい…

どうでもいいけど某掲示板で「スイプリなんて百合厨しか見てねぇよ!」って書かれてて否定できなかった。

うん…あの2人百合の臭いプンプンだよね…

会社の隣のラインの班長が「今回の地震が人工的に起こされたものって噂知ってる?」とか言い出して僕ちゃん目眩がしたですよ?

しかも詳しい事は本人も知らない様子。

なんかフリーメイソンがどうとか言ってた。

割とフランクに話せる人なので「ハッハッハんなアホな」的な返事をしといた。

多分やりすぎコージーの見すぎだよ。

MMRとか大好きだったんだろうな…

地震の影響か知らんけど土曜発売のジャンプが月曜まで小倉周辺には届いてなかったみたい。

土曜の夜に並んでなかったからあたりのコンビニやTSUTAYAを探しまくってた。

心の中で「PSYREN終わったらどうでも良くなったとか言ってゴメンなさい!オーマガ読ませて!」って詫びながら。

さっきやっと読めたよジャンプ。

うん、今回もハナちゃんやトイトイは可愛かった。鈴木爆発しろ。新八しっかりしろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

嘘じゃないぜ

試験うかったぁぁぁぁ!!!

なんか自分に御褒美買ってやろうと思います。

3DS買っちゃおうかな

結局予約してなくても普通に買える状態だし。

欲しいソフトがないけど。

一昨日だけど仕事が終わって携帯見たらかつら君から着信&案山子さんからメール。

案山子さんはどうやらヴァンガードしたいみたい。まぁ俺も気になってはいたから「やるならやるよ?」的な返事をしておく。

で、かつらくんと話してたらどうやら地元組もヴァンガードやってるらしい。

おお、もしかして俺は出遅れてるのか

休みになったらデッキ買ってこようっと。アイチの方を。

何故ってスターダストトランペッターが可愛いから。

アニメでは即マロンにライドされて出番少ないよねトランペッター…

どうでもいいけどルールを全然理解しないままアニメ見てる。

1話で櫂くんが説明してくれてたけど全然わからなかったよ?

デッキ買えば指南書的なものついてるかなぁ

なんにしてもまずはイメージだ

昨年のハートキャッチが面白かったので今年からプリキュアは録画して毎回見るようになった。

スイートも面白いけどちょっと登場人物がことごとくアレだねコリャ

主人公ズは毎回痴話喧嘩だし敵のセイレーンも駄猫丸出しだった…

っていうか毎回思うんだけど音符手に入れるのが目的ならネガトーンにしないで持ち去ればいいのでは…?

響のパパは天然だし幼児にありえない厳しさだし…

オメーが約束破ったくせに「音楽を奏でてないねぇ」じゃねぇよ!

ただ奏のママの可愛さは異常。そして奏のパパがゴツイせいで2人がラブラブな空気出すたびに何だかエロい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

PSYREN16巻感想

終わってしまった…

TAUTAYAで専用のPOP付きで小説と並べて置いてあった時は感謝したくなった。

PSYREN結構愛されてる?

表紙は仲間達大集合。

最期が大集合ってのはベタではあるけど大好きです。からくりサーカスのカーテンコールとかね。

ロト紋のラストとかね。

背景はエルモア邸。

結局ここがみんなの家みたいな事になってたね。

読み始めて「あぁ何度読んでもノヴァ暴王発動はかっこいいなぁ!」ってなると思ってたら

発動した次のページで不意打ちを食らった!何やってんだ碓井テメー!

危うく本にツバついちゃう所だったじゃねーか!

普通にもう新規に碓井さんが描かれる事はないと思ってたので嬉しビックリ。

岩代先生オッサン好きすぎ。

でもやっぱノヴァ暴王はかっけぇなぁ…

流星1つでも充分強かったのにそれを連発だからねぇ

アレ1つで初期ドルキさんを退ける性能だからねぇ

しかも完全に話を聞く気がないので手がつけられない…

ツブヤキ的なモノで語られていたグラナさんの性格の変化は非常にナイスな判断だと思うんですよ。

単順に「キャラ固まってなかったから」で済ませないで性格の変化に理由つけるのって中々できないんじゃないかなぁ

それに.W.I.S.Eのメンバーが家族になるのを防ぐってのも良い判断だなぁと。

よくいるよね「いつのまにか良い人になっちゃってる極悪人キャラ」。

そういうのって大体人気キャラだから読んでて好きになりそうなキャラだったりするんだけど

冷静に考えたらコイツやべぇジャン?って思うことがある。

ベジータとかね。ブリーチのマユリとかね。

しかし弥勒とグラナは良いコンビだなぁ。

この時代のグラナさんの優先順位は間違いなく弥勒が最優先だよね。

次くらいに面白そうな奴とのバトル。

普通に祭先生とのバトル止めて弥勒の元に向かってるし。

弥勒は弥勒で死ぬ寸前なのにグラナが来るのわかってたかのような落ち着きぶりだし。

お前ら夫婦か!って感じ。弥勒がダメ親父でグラナさんが世話焼き母さん。

コミックで読んでて思ったんだけど未来を弥勒&グラナで救ってその後現代のミスラをアゲハが撃破でも良さそうだなーって。

ウロボロスに喰われる!ヤベェ!って盛り上がった所で転送だからちょっとテンション寸止めな感じが…

とか思ってたら今度はドルキさんが現れて俺に大ダメージ。

マジで声出して笑ったぞバカ!

最後の最後でファンサービスをありがとうドルキさん…

死んですまん!じゃねぇ!

ツブヤキ的なモノ2つ目。

カブトが死ぬ予定だったって話。

確かに復活ドルキ戦の展開は死人が出ても仕方ない展開だったし

カブトが死んだら強烈な印象だったと思う。

それも読んでみたいけどやっぱカブトは元気にバカやっててくれた方が楽しいよね。

結果フーちゃんと微かに香る恋の空気とかアッシュ戦で初めて戦闘した後の感じとか

別の意味で印象的なシーンも生み出したキャラだし。

幻視はメタ的な意味でも脅威を読めるんだ!凄いぞ幻視!

ツブヤキ的なもの3つ目

次は楽しくて気楽に読めるものが描きたいとか。

やっぱアレか

オッサンも好きだけど子供も大好きな岩代先生としては

改変の度にチルドレンの死亡を描いてたのは魂削ってたのか

今度NEXTに載るっていう読切りがその「楽しく気楽に読める」漫画なのかなぁ

ぶっちゃけ買って速攻読んで「ハー…終わっちまった…」と呆けてから

ブログの感想返事かいてて帯に描いてあった読切りの情報に気付いてませんでした。

俺としたことが…

pltoさんマジありがとう。

葛西アキさん調べもしないで変な事言ってごめんなさい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

PSYREN15巻感想

もう最終巻まで出てしまったけどちゃんと15巻も感想は書こう。

感想書かなかったらただの日記サイトだもんね。

15巻の表紙は未来のW.I.S.E大集合。誰かいない気もする。

っていうかウラヌスの髪の色、オレンジなのね…金髪が白髪だと思ってた。

まぁ白髪で氷系統であのビジュアルだとあの漫画のあの人だもんね。白髪は無いか。

あとミスラの服装、カラーで見るとやっぱダメだよコレ!ビーチクがデルハミだよ!

W.I.S.E9人のうちヴィーゴ・ジュナス・ミスラは露出度高目。割合にして30%。

流石トップが変態なだけあるな!

そういえばトップは全裸全国放送をやってのけたんだっけ。露出狂は4割だったって事ね。

著者近影の先生。連載終了を迎えてだらけきってる模様…ってダレるの羽だけかよ!

「掃除とか…物捨てたり家具買ったりボーっとしたり…しばらくは好きにやってますとも。ええ」

…以前言ってた積みゲーとかDVDは消化しないんですか…?

15巻は好きなシーンいっぱいです。

・握り締めた掌から~のアゲハと雨宮さんのシーン

セリフとかじゃなくモノローグ形式なのがいい味出してると思うですよ?

・戦闘が始まってから色々考えてからの「戦い…それしかないのか」なグラナさん

この人はもうちょっと突っ込んだ描写があったら「もう1人の主人公」とか言われてもおかしくないんじゃないか

・その後の「だから俺は生きている」

というかその前の「見たかったんだ外の世界が」が、かな。

なんかグリゴリでの様子が自然と浮かんだので気にってます。

・「サイレンだ…」

これはジョジョ6部の「海(オーシャン)へ逃げろぉー!」(だったかな?)見たときのような

「あ、コレ最終回近いな」っていう意味でゾクっとした記憶がある的な意味で

・朧inギーガーがマグマグに飛びつく所

ただ大スケール怪獣決戦でワクワクしたのと躍動感があるので好き。

・弥勒にビビってるシャオとカブト

シャオ→過去にビビってゲロした相手、だしカブトは基本チキンだし。

だから余計に緊迫感出てた。ホラー映画的な。

・祭先生&影虎さん登場

登場以降「未来世界に来てくれよ!」って願い続けた2人の登場シーン、興奮するなって言われても無理ですぜっ!?

その後のバトルもグー。特に影虎さんはセリフもかっこよくてディ・モールトグー。

・弥勒が見た羊の夢

大好きだった作品のラストを髣髴とさせられて…

そういうの抜きにしても何か引き込まれる2ページだと思います。

レベルEみたいに数年後にでもいいからアニメ化されたりしねぇかな…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

お久しぶりね

予告ナシに更新ストップしてたけど再開するですよ

なんでイキナリ止まってたかって言うとですね、試験に向けて勉強しなきゃいけなかったんだけど

どうも僕は意志が弱いのでPC点けてると色々と余計な事を考えてしまうようで…

コレじゃイカン!と思って、思いついたが吉日という事で思い立ったその瞬間からネット断ちを決意したのでした。

で、試験も終わったので再開、と。

結果はまだ出てないけど。

若干自信ないけど。

PSYRENのコミック感想とかは休み(明日)になったら書こうかな。

最終巻はまだ買ってません。小説は買ったけど読んでません。

もう買っていいんだ!読んでいいんだ!

でも夜勤中なので買いに行くのは明日にしよう。

あと先月末からヤングジャンプ買い始めたよ。

なんでかって言うとですね…

中山敦支センセイの「ねじまきカギュー!」連載スタート!だとぉ!?

そりゃ買わざるを得ない。

トラウマイスタを読破した直後から中山センセイは俺の中の「この人の作品が出たらとりあえず買っとけ作家」だからね。

ちなみに岩代敏明・こうの史代・とよ田みのる・古賀亮一センセイがノミネートしております。

コメントのお返事は明日書きます。

今日はもうおやすみなさい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »